ニーズに合う通訳アプリサービスを選定しよう

スマホ

言語の壁を乗り越える

インバウンド集客をサポートするサービスが続々登場しています。近年急増する訪日外国人に対応を迫られている企業や店舗は多いですが、現場のニーズを細かくくみ取ったサービスを取り入れることが必須となります。外国人客と一口にいっても国家や文化など顧客によって背景は異なります。しかし、意思疎通ができれば問題なくサービスを提供することができますし、外国人顧客の満足度を上げることができるでしょう。最初の突破口となるコミュニケーションの問題は、すなわち言語が異なることが発端となります。外国語に対応したサービスを進めていく必要があるのです。外国人客の満足度がアップすれば、SNSなどを通じて口コミ効果も大いに期待できます。売り上げアップに直結する重要な問題です。日本にあるおもてなしの精神を伝えるためにも、コミュニケーションスキルを高める取り組みは急務になるといえるでしょう。

コストカットも実現

言語の問題をクリアにするためには、日本語以外の言語を話せるスタッフを常駐させる必要があります。しかし、小売店など各店舗にそうした人材を配置するのはコストが高くなってしまうのがネックだといえるでしょう。そこで最近では、通訳アプリなどのサービスを導入しているケースが増えています。英語や中国語などさまざまな言語をスムーズに翻訳できますし、必要なときにだけサービスを利用することでコストを大幅に削減することができます。24時間いつでも利用が可能なアプリもありますので、さまざまな分野で導入する事例が多いです。しかし、アプリ業者によってサービスや料金体系はかなり変わってきます。まずは自社でどのようなニーズがあるかを徹底的に洗い出して、コストに見合ったサービス業者を選んでいくようにしましょう。

サービス業には欠かせない問題

観光地の飲食店や宿泊施設、土産物店、レンタカーショップなどは、外国人客にも対応する機会がとくに増えてきています。日本人客と同様のサービスを提供するためにも、スムーズに外国人客とコミュニケーションをとる必要があるのです。一般的に日本人は日本語以外の言語が話せない人が多いです。そこで、外国人スタッフを専門に雇ったり、スタッフに外国語を修得させるレッスンに通せたりするところもあります。ただし、そうした取り組みは企業にとってコストが増えて負担となってしまいます。そうした問題を解消するのが、通訳アプリです。語学が堪能ではないスタッフしかいない場合でも、通訳アプリがあれば安心して接客することができるため、ニーズが高まっています。通訳を専門の外部サポートに委託することで、その分本来の業務に集中することが可能になりますので、現場スタッフの負担を減らすことにも貢献できます。スタッフの労働環境を改善するためにも積極的に導入していきたいものです。

通訳サービスの代表例

通訳者の派遣

日本語と外国語に堪能な通訳者を派遣してもらって、直接通訳を依頼するサービスです。出張費なども含めて費用は数万円から数十万円とかなり高額になります。しかし実際にその場に来て顔を合わせながら直接通訳してもらえることは、最も丁寧で信頼感のあるサービスといえるでしょう。

電話通訳

通訳できるオペレーターに電話を繋いで通話するサービスも定番です。会議や商談、プレゼンテーションなどのビジネスの現場でも活用されています。費用は1分あたりの金額計算になりますので、リーズナブルに利用することが可能です。

通訳アプリ

スマートフォンやタブレットユーザーが増えていることで、最近急成長しているのが通訳アプリサービスです。中でも人気なのが、ビデオチャット機能を使って、画面越しに通訳者とリアルタイムで顔を合わせながら通訳をお願いできるサービスになります。

生き残りをかけた戦いを勝ち抜くために!

男の人

客を呼び込むアプリ開発を依頼【ipad&スマホユーザーを獲得】

ipadなどのタブレットやiphoneなどのスマートフォンユーザーが世界的に増加しています。そうしたユーザーを狙ってアプリ開発を進めていくことは、企業の成長にとって必要不可欠なことだといえるでしょう。最適な開発業者をパートナーにして、戦略を練っていくことが重要です。

READ MORE

[PR]ipadのアプリ開発は専門業者に頼もう
要望に沿った製品を作ってくれる

広告募集中